何度か人生にはターニングポイントがある

,

,

 仕事をしていると突然のリストラに遭遇する可能性もある。また、他のところからヘッドハンティングを受けることもあるだろう。そのようなときは、人生の大きなターニングポイントといえる。ヘッドハンティングなら喜ばしいことであるから、今の仕事とじっくり照らし合わせてワクワクする方を選択すれば良い。現職に留まるとしても自分自身の仕事の取り組み方を改めて考えてみる貴重な機会となるものである。自分を見つめ直すことで、その後の働き方がちょっと変わってくるだろう。人生のターニングポイントの中でも、自分の意志に反した形での突然のリストラなどは、気持ちを前向きに持って対処しなければかなり落ち込んでしまうこともある。何事も変化は、チャンスのときでもある。この機会を活かせるかどうかでその後の人生の輝きも変わってくる。転職求人を探すときも自分で自分を勝手に囲ってしまうことはやめるべきだ。年齢や性別で選択範囲を狭めてはいないだろうか?複数の応募に対して良い結果が得られないからといって自信をなくしてはいけない。就活は、めぐり合わせである。特に面接は、面接官との相性がポイントであるが、職場の雰囲気を肌で感じることができるチャンスでもある。ワクワク感やしっくり感というのは、仕事をする上ではもっとも重要なことともいえる。自分の直感を信じることも大切だ。ターニングポイントがやって来たときには、思い込みを取っ払って、成長のチャンスとすることだ。では、実際ターニングポイントが来た時は?どうすればいいかのアドバイスはここのサイトを読むと良い。